プレミアリーグ 13/14シーズン第21節 ストークシティ VS リバプール/スターリッジ復帰戦でゴール!

      2014/06/06

premier1314_21_stk_livphoto credit: Joffley via photopin cc

プレミアリーグ 13/14シーズン第21節、ストークシティ VS リバプールの一戦はアウェイのリバプールが3-5で勝利しました。

フォーメーション

ストークシティ

field_premier1314_21_stk

リバプール

field_premier1314_21_liv

試合内容

ストークシティのホーム、ブリタニアスタジアムでは分が悪いリバプールはストークのハイプレスに合い、ボールを保持できない中、序盤はカウンターを仕掛ける展開に。

しかし最初のチャンスはリバプール。4分、スターリングが右サイドからクロスを上げる。クロスはミスキックになるが、マイナス方向に飛んでいったボールは、右サイドからオーバーラップしていたシソコのもとへ。DFがつめてきた中、思い切って打ったシュートはDFショークロスにぶつかりコースが変わって、キーパーキャッチ出来ずゴールイン。先制点はリバプールが獲得。

その後もストークのペースで試合は進むが、リバプールはカウンターで攻勢をかける。19分、カウンターのチャンスにスターリングが右サイドをドリブルで駆け上がり、中へカットイン。左から走り込んできたコウチーニョへパス。コウチーニョがダイレクトでシュートするもふかしてしまう。

31分、ストークシティはクリアボールをヘディングでバックパス、スアレスがそのボールを奪いシュート。リバプール追加点獲得、0-2。

リバプールペースで試合が進むかと思われたが、39分、ストークシティは左サイドからアルナウトビッチがクロスを上げる。クラウチがうまくポジションを取り、頭で合わせゴール。1点差に追いつく。

そして44分には、ジェラードとヘンダーソンの連携ミスをアダムに奪われ、そのまま強烈なミドルシュートを決められ前半で追いつかれる。

後半に入ってすぐ、リバプールは再び逆転。49分、DFウィルソンのクリアをカットしたスターリングがペナルティエリア内でファールをもらい、PK獲得。
キッカーはジェラード。キーパーの動きを見ながら落ち着いて右隅へ決める。

65分、コウチーニョに代わりスターリッジが入りました。スターリッジは足首のケガから久しぶりの試合復帰。

71分、スターリッジは早速チャンスを作ります。ドリブルを仕掛け、左サイドから中へ切り返し、DF三人引き寄せてからノールックで左にいたスアレスへパス。スアレスは右足で落ち着いて決め2-4。

ストークも諦めず攻撃の手を緩めません。84分、ジェラードとルーカスの連携ミスをアルナウトビッチが奪い、左サイドをドリブルで駆け上がり早めのクロスにウォルタースがトラップでもたつくも、上手く反転しシュート。GKミニョレの反応が少し遅れキャッチ出来ず。スコアは3-4の1点差。

86分、ジェラードのロングフィードを左サイドで受けたスターリングは近くにいたスアレスへパス。スアレスがファーサイドへ巻いたボールを上げる。それにスターリッジが合わせダイレクトシュート。一度GKにはじかれるが、押し込みゴール。

終盤、ストークシティの猛攻にあうが、3-5で試合終了。

スターリッジはピッチコンディションが悪い中の途中出場でしたが、完全復帰。スターリッジが入って攻撃に厚みが出ました。スアレス、スターリッジのコンビは自己中心的なプレイに走らなければ最高のコンビです。これからエバートン、アーセナルとの対戦が控えていますが、前回とは違う試合になるでしょう。今から楽しみ。

次節、ストークシティはクリスタルパレスとリバプールはアストンヴィラと対戦です。

試合結果

ストークシティ 3-5 リバプール
39′ クラウチ
45′ アダム
85′ ウォルタース
  5′ ショークロス(OG)
32′ スアレス
51′ ジェラード(PK)
71′ スアレス
87′ スターリッジ

スポンサーリンク

 - サッカー