プレミアリーグ 14/15シーズン第22節 アストンヴィラVS リバプール / ボリーニ、ランバート、FWのゴールでリバプール勝利

   

photo credit: ell brown via photopin cc

プレミアリーグ 14/15シーズン第22節、アストンヴィラ VS リバプールの一戦はアウェイのリバプールが0-2で勝利しました。

フォーメーション

アストンヴィラ

リバプール

試合内容

アウェイのリバプールが試合序盤から攻勢にでるが、前線の連携があまりうまくいかず、得点が遠い。アストンヴィラはサイド攻撃からベンテケに合わせるが、なかなかボールが収まらない。

16分、ボリーニのスルーパスにモレノが抜け出し、ゴールを決めたが、残念ながらオフサイド判定で得点ならず。

しかし先制点はリバプール。24分、右サイドからスローインのリスタート。ヘンダーソンが右足であげたクロスにボリーニが抜け出しゴールを奪う。ボリーニは初得点。

38分、ゴールキックのクリアボールがこぼれてスターリングが抜け出しGKと1対1になり、ループシュートを打つが、これはGKグザンの正面にいってしまった。
マルコビッチのクロスをコウチーニョがヘディングでたたくシーンがあったが、これもグザンの正面。

ヴィラは42分、ウェストウッドのスルーパスにクレバリーが抜け出しシュートを打つがゴールバーの上。前半はヴィラのチャンスは少なかった。

ヴィラは後半59分にクレバリーとウェストウッドを下げてヴァイマンとカルレス・ヒルが入った。ここから流れが変わりアストンヴィラが攻勢に出る。ベンテケのポストプレイからチャンスが何度も生まれるがフィニッシュがうまくいかない。

リバプールも71分にモレノとボリーニを下げて、ホセ・エンリケとランバートを投入。

80分、コーナーキックのこぼれ球、デルフのパスをカットしたスターリングがランバートにパス。ペナルティエリア手前でパスを受けたランバートはコースの狙ってシュート。これがゴール左に決まり追加点獲得。

リバプールは2試合連続クリーンシートで勝利。そして久しぶりにFWの得点で勝利を得た。しかしもっと得点のチャンスはあった。特にボリーニはあと何点とれるチャンスがあっただろうか。。もったいない。

ランバートは少ない出場時間で結果を出した。この調子でコンディションを上げていってほしい。

そして朗報!スターリッジがリハビリを終えて練習に参加。復帰戦が待ち遠しい

試合結果

アストンヴィラ 0-2 リバプール
  24′ ボリーニ
80′ ランバート

スポンサーリンク

 - サッカー