【リバプール】最終節、優勝は逃したがアンフィールドで有終の美を飾る

   

By: Kevin Walsh

プレミアリーグ18/19シーズン第38節、リバプール VS ウォルヴァーハンプトンの一戦はホームのリバプールが2-0で勝利しました。

フォーメーション

リバプール
【スタメン】

アリソン、アレクサンダー・アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン、ヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルドゥム、サラー、オリギ、マネ

【控え】
ミニョレ、ロブレン、ゴメス、オクスレイド・チェンバレン、ミルナー、シャチリ、スターリッジ

ウォルヴァーハンプトン
【スタメン】

パトリシオ、ベネット、コーディー、ボリー、ドハティー、デンドンケル、ネヴェス、モウチーニョ、ジョニー、ヒメネス、ジョタ

【控え】
ラディ、キルマン、バイナグル、ギブス・ホワイト、トラオレ、コスタ、カヴァレイロ

試合内容

17分、マネが左サイドから右サイドのアレクサンダー・アーノルドへパス。ワンタッチで落としたボールをヘンダーソンが受けてアーノルドへ戻し、折り返したボールをマネが押し込み先制点獲得。

64分、オリギ(OUT)⇄ミルナー(IN)

80分、ドハティー(OUT)⇄トラオレ(IN)

81分、右サイド、アレクサンダー・アーノルドのアーリークロスをマネが頭で合わせて追加点ゲット。

84分、モウチーニョ(OUT)⇄ギブス・ホワイト(IN)

84分、ジョニー(OUT)⇄バイナグル(IN)

84分、ロバートソン(OUT)⇄ゴメス(IN)

88分、ワイナルドゥム(OUT)⇄オクスレイド・チェンバレン(IN)

試合は2-0でリバプールの勝利。マンチェスター・シティも勝ったので残念ながら2位で終了。
しかしながら、得点数22で、マネとサラーがゴールデンブーツ賞、クリーンシート21でアリソンがゴールデングローブ賞獲得。
素晴らしいシーズンでした。来季はさらに期待が高まりますね。

試合結果

リバプール 2-0 ウォルヴァーハンプトン
17′ マネ
81′ マネ
 

スポンサーリンク

 - サッカー