サラーの最高のゴールとワニアマの豪快なミドルシュートと審判の最悪なジャッジ

   

By: Kevin Walsh

プレミアリーグ17/18シーズン第26節、リバプール VS トッテナム・ホットスパーの一戦は2-2の引き分けに終わりました。

フォーメーション

リバプール
【スタメン】

カリウス、アレクサンダー・アーノルド、ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソン、エムレ・チャン、ヘンダーソン、ミルナー、サラー、フィルミーノ、マネ

【控え】
ミニョレ、モレノ、マティプ、オクスレイド=チェンバレン、ワイナルドゥム、イングス、ソランケ

トッテナム・ホットスパー
【スタメン】

ロリス、トリッピア、サンチェス、ヴェルトンゲン、デイビス、ダイアー、デンベレ、エリクセン、デリ・アリ、ソン・フンミン、ケイン


【控え】

フォルム、オーリエ、ウィンクス、シソコ、ワニアマ、ラメラ、ジョレンテ

試合ハイライト

3分、ダイアーのバックパスを奪ったサラーがゴール右隅に決めて先制点獲得。

65分、マネとチェンバレン、ヘンダーソンとワイナルドゥムが交代。

71分、サンチェスとラメラが交代。

78分、ミルナーとマティプが交代。

79分、デンベレとワニアマが交代。

80分、GKカリウスがクロスボールをパンチングで弾いたボールをワニアマがペナルティエリア外からシュート。右足でアウトにかけたボールがゴール左隅に決まり同点に追いつかれる。

87分、デリ・アリの入れたスルーパスに抜け出したケインをGKカリウスが倒してPKの判定。完全にダイブしてるし、そのまえにオフサイド。このPKはカリウスが見事にセーブする。

90分、ソン・フンミンとジョレンテが交代。

90+1分、サラーがペナルティエリア内で3人かわして飛び出してきたロリスの上を狙ったシュートが決まり勝ち越しゴール。

90+5分、ファン・ダイクがラメラを倒したとしてまたPKの判定。主審はプレイを流していたのに線審が試合を止めてPKに。このPKを今度はケインが決めて同点に追いつかれる。これもラメラのポジションがすでにオフサイドだったし、シュミレーションだし。

試合は2-2の引き分けに終わりました。こんなに腹立たしい試合は久しぶりです。審判よ、今日の試合は最初から多少のぶつかりは流してたやん。なんでケインのダイブとラメラのシュミレーションがファールやねん。シュミレーションはもっと厳しくしてほしいわ。いくら頑張って守ってもあれでファールとられちゃやってられんよ。ペップだったらああいうプレイは怒ると思うんだけどな。。

次節、リバプールはサウサンプトンと、スパーズはアーセナルと対戦です。

試合結果

リバプール 2-2 トッテナム・ホットスパー
3′ サラー
90+1′ サラー
  80′ ワニアマ
90+5′ ケイン(PK)

スポンサーリンク

 - サッカー