リバプール、最後まで攻撃の手を緩めなかったが追加点を奪えず同点で終了

   

By: Chris Street

プレミアリーグ17/18シーズン第5節、リバプール VS バーンリーの一戦は1-1の引き分けに終わりました。

フォーメーション

リバプール
【スタメン】

ミニョレ、アレクサンダー=アーノルド、マティプ、クラヴァン、ロバートソン、ミルナー、ジャン、コウチーニョ、サラー、フィルミーノ、スターリッジ

【控え】

カリウス、ワイナルドゥム、ロヴレン、ヘンダーソン、モレノ、オックスレイド=チェンバレン、ソランケ

バーンリー
【スタメン】

ポープ、ロートン、タルコフスキー、ミー、ウォード、グズムンドソン、コーク、ドフール、ブレイディ、アーフィールド、ウッド

【控え】
レグツディンズ、ロング、バーズリー、ウェストウッド、バーンズ、ヴォークス、ウォルターズ

試合内容

ミッドウィークに行われたセビージャ戦はホームで勝ちを逃したリバプール。守備がまったく改善せず、むしろ悪くなっているような、、、困りましたね。。。
その守備の不安定さがさっそく露呈した。27分、バーンリーは自陣からのロングフィードを右サイドに展開。ブレイディがアーノルドと競り合い、ボールは中央へ弾かれた。中央でマティプとクリス・ウッドが競り合っていたところ、クラヴァンもウッドに寄せに行ってしまった。フリーになったアーフィルドにボールが渡り、左隅に流し込まれ先制点を奪われた。

しかしリバプールはすぐに同点に追いつく。30分、こちらも自陣からエムレ・チャンのロングフィードにサラーが反応。ドリブルでDF二人をかわして打ったシュートがゴール右隅に決まった。

リバプールは前半も後半も攻め続けたが追加点が奪えず1-1で試合が終了。

セットプレイの守備が悪いのは御存知の通りですが、CB二人の連携が良くなくて。マティプはいいとして、もう一人ね。誰を相方にしてもTHE不安定。本腰を入れて修正しないとほんとにヤバイ。ということで、次は頑張ってください。。。

次節、リバプールはレスターとバーンリーはハダースフィールドと対戦です。

試合結果

リバプール 1-1 バーンリー
30′ サラー   27′ アーフィールド

スポンサーリンク

 - サッカー