【リバプール】サラー&マネのゴールでチェルシーに勝利

   

By: otama

プレミアリーグ18/19シーズン第34節、リバプール VS チェルシーの一戦はホームのリバプールが2-0で勝利しました。

フォーメーション

リバプール
【スタメン】

アリソン、アレクサンダー・アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン、ヘンダーソン、ファビーニョ、ケイタ、サラー、フィルミーノ、マネ

【控え】
ミニョレ、ロブレン、ワイナルドゥム、ミルナー、シャチリ、スターリッジ、オリギ

チェルシー
【スタメン】

ケパ、アスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、エメルソン、カンテ、ジョルジーニョ、ロフタス-チーク、ハドソン-オドイ、アザール、ウィリアン

【控え】
カバジェロ、クリステンセン、コヴァチッチ、バークリー、イグアイン、ジルー、ペドロ

試合内容

6分、フィールド中央でパスを受けたケイタが左サイドのマネにパス。マネのクロスにファーサイドにいたサラーがボレーシュートを打つがミートできずGKケパに正面でキャッチされる。

20分、ダビド・ルイスが自陣から縦パスを入れ、アザールが落としたボールをロフタスチーク、ウィリアンとつなぎ、DFラインのウラに抜け出したアザールが再びボールを受けてペナルティエリア左側からゴールを狙うがシュートはアリソンがキャッチ。

30分、ファビーニョの縦パスを奪われチェルシーのカウンター。ダビド・ルイスの縦パスにウィリアンが抜け出しドリブルを仕掛け、中央に切り替えしてシュートを打つがボールは枠の外へ外れた。

38分、マティプがロフタスチークにプレスをかけてボール奪取。ヘンダーソン、ファビーニョ、フィルミーノ、サラーとすばやく縦につなぎ、右サイドからグラウンダーのクロスボールに最後はマネがつめ、ゴール右隅を狙うがわずかに外れた。

40分、リュディガー(OUT)⇄クリステンセン(IN)

51分、マティプから右サイドのサラーへパス。フィルミーノとワンツーでペナルティエリア内に入ろうとするがDFの足にあたり方向が変わる、そのボールをヘンダーソンが奪いペナルティエリア右側ゴールラインギリギリの位置から入れたクロスにファーサイドでマネが頭で合わせて先制点を奪う。

53分、ファン・ダイクからロングフィードを右サイドで受けたサラーが中央へカットインしてペナルティエリアの外から左足で強烈なシュート。GKケパはボールにふれることもできず、ボールはゴール左隅に決まり立て続けに2点目を獲得した。

56分、ハドソン-オドイ(OUT)⇄イグアイン(IN)

59分、エメルソンの縦パスに抜け出したアザールがゴール左隅を狙うがポストに弾かれる。

60分、イグアインが右サイドに展開。ウィリアンの入れたクロスに再び裏に抜け出したアザールがダイレクトでシュートを打つがアリソンが弾き返した。

66分、ケイタ(OUT)⇄ワイナルドゥム(IN)

75分、ロフタス-チーク(OUT)⇄バークリー(IN)

77分、ヘンダーソン(OUT)⇄ミルナー(IN)

90分、サラー(OUT)⇄シャチリ(IN)

試合は2-0でリバプールの勝利。次節、リバプールはカーディフ、チェルシーはバーンリーと対戦です。

試合結果

リバプール 2-0 チェルシー
51′ マネ
53′ サラー
 

スポンサーリンク

 - サッカー