リバプール、ホームでスパーズを圧倒!久しぶりの勝利だ!

   

By: Kevin Walsh

プレミアリーグ16/17シーズン第25節、リバプール VS トッテナム・ホットスパーの一戦はホームのリバプールが2-0で勝利しました。

フォーメーション

試合内容

リバプールのフォーメーションは4-3-3。後ろからミニョレ、クライン、マティプ、ルーカス、ミルナー、ララーナ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム、マネ、フィルミーノ、コウチーニョ。控えはカリウス、クラヴァン、モレノ、エムレ・チャン、アレクサンダー・アーノルド、スターリッジ、オリギ。

対するスパーズのフォーメーションは4-2-3-1。後ろからロリス、ウォーカー、アルデルヴァイレルト、ダイアー、デイビス、ワニアマ、デンベレ、エリクセン、デリ・アリ、ソン・フンミン、ハリー・ケイン。控えはフォルム、ヴィマー、トリッピア、エンクドゥ、ウィンクス、シソコ、ヤンセン。

リバプールは前節のハル・シティ戦とは一人だけスタメン変更。エムレ・チャンの代わりワイナルドゥムが中盤に入った。ディフェンスは置いておいて、前の6人はこれがベストだと思う。

スパーズはミドルスブラ戦と同じメンバーでスタート。

試合序盤からリバプールがいつも以上にアグレッシブに攻めた。特に左サイドのデイビスとCBのダイアーはポジションを頻繁に入れ替えるリバプールの攻撃陣に対応が出来ていない。

16分、フィールド中央、ワイナルドゥムが出したスルーパスにマネが抜け出す。GKロリスとの1対1を制し先制点を獲得。

18分、ダイアーの後ろから近づき、ボールを奪ったマネが右サイドのスペースに走り込んだララーナへパス。ララーナがダイレクトでゴールを狙うがGKロリスがセーブ。そのこぼれ球をフィルミーノがボレーで狙うがこれも防がれる。そのこぼれ球をマネが押し込んで2点目獲得。

22分、相手のパスミスをマネが奪い、3点目を狙うがGKロリスがギリギリ触ってゴールならず。

26分、スパーズの攻撃。デイビスの縦パスに抜け出したソン・フンミンがGKミニョレと1対1になり、ゴール左隅を狙うがミニョレが見事にセーブ。難を逃れた。

前半は両チームともにオープンに攻撃をしかけていたが、後半はチャンスは少なかった。リバプールは後半にトーンダウンしてしまうことが多いのだが、この試合は最後まで集中していたし、相手の好きなようにはさせなかった。いつもこうだといいんだけど。。。

試合は2-0で終了。リバプールは2017年初勝利。やっと勝てたよ。スパーズはここまで好調だっただけにもったいない。アンフィールドの雰囲気に飲まれたのかいつもの調子ではなかったですね。

次節、リバプールはレスターと、スパーズはストーク・シティと対戦です。

試合結果

リバプール 2-0 トッテナム・ホットスパー
16′ マネ
18′ マネ
 

スポンサーリンク

 - サッカー