リバプール、5得点でハル・シティに勝利

   

By: pittaya

プレミアリーグ16/17シーズン第6節、リバプール VS ハル・シティの一戦はホームのリバプールが5-1で勝利しました。

フォーメーション

field_full_1617-6th-liv-hul

試合内容

リバプールのホーム、アンフィールドでの試合。リバプールのフォーメーションは4-3-3。後ろからカリウス、クライン、マティプ、クラヴァン、ミルナー、ララーナ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム、マネ、フィルミーノ、コウチーニョ。控えはミニョレ、モレノ、ルーカス、エムレ・チャン、グルイッチ、オリギ、スターリッジ。

対するハル・シティのフォーメーションは4-5-1。後ろからマーシャル、エルモハマディ、リヴァモア、デイビス、ロバートソン、クルーカス、ハドルストン、ライアン・メイソン、ディオマンデ、スノッドグラス、アベル・エルナンデス。控えはヤクポヴィッチ、マグワイア、マローニー、ヘンリクセン、メイラー、ムボカニ、キーン。

予想通り、リバプールは試合序盤からボールを支配し、積極的に攻撃を仕掛ける。17分、左サイドのミルナーが斜め前方にいたコウチーニョへパス。コウチーニョは一人交わしながら前を向いてトラップし、ペナルティエリアのスペースに走り込んだララーナへスルーパス。ララーナはシュートコースをDFにふさがれたが、ワンテンポずらして打ったシュートがゴール右隅に決まり先制点獲得。

29分、ハーフウェイラインでボールを奪ったフィルミーノが右サイドのマネへパス。マネがサイドを抜け出しゴールライン近くまでドリブルを仕掛けマイナス方向へパス。ペナルティエリア中央へ走り込んだコウチーニョがダイレクトで合わせる。左隅へ決まりそうだったところDFエルモハマディが腕で防いで一発レッドで退場。このPKをミルナーが右隅に決めて2点目獲得。ハル・シティは前半29分で10人になり2点のビハインド。かなり苦しい展開になった。

33分、ハル・シティはディオマンデに代えてメイラーを投入。

36分、左サイドでミルナーからパスを受けたララーナがDFをターンで交わしてペナルティエリア中央にいたマネへパス。トラップが少し流れてしまったが、体勢を立て直して打ったシュートはゴール左隅に決まり3点目獲得。

51分、ハル・シティはコーナーキックのチャンス。中央での競り合りでこぼれたボールをメイラーが押し込み1点を返す。しかし、その直後、52分、右サイドからララーナが中央へドリブルを仕掛けコウチーニョへパス。コウチーニョは得意をコースへボールを運び、ペナルティエリアの外から打ったシュートはゴール右隅に決まり4点目獲得。

70分、ララーナに代わって入ったスターリッジがドリブルを仕掛けペナルティエリアに進入。DFロバートソンが我慢しきれず足を引っ掛けてしまいPKの判定。このPKもミルナーがきっちりと決めて5点目獲得。

ハル・シティは1点を決めたシーン以外はほぼノーチャンスで試合終了。

ボールポゼッションはリバプールが74%、ハル・シティが26%。パスの成功回数は698回と190回。枠内シュート数は12本と1本。

リバプールは攻撃の迫力が増しましたね。6人、7人で攻撃を仕掛け、時にはCBまで攻撃に参加することも。。クロップのサッカーは面白い!カウンターが怖いんだけどね。。今季は熾烈なポジション争いがあっていい感じです。スターリッジの機嫌が心配ですが、、、

次節、リバプールはスウォンジー・シティと、ハル・シティはチェルシーと対戦です。

試合結果

リバプール 5-1 ハル・シティ
17′ ララーナ
30′ ミルナー(PK)
36′ マネ
52′ コウチーニョ
71′ ミルナ(PK)
  51′ メイラー

スポンサーリンク

 - サッカー