リバプール、ターンオーバー失敗。スウォンジー・シティに完敗

   

By: Ali McCarley

プレミアリーグ15/16シーズン第36節、スウォンジー・シティ VS リバプールの一戦はホームのスウォンジー・シティが3-1で勝利しました。

フォーメーション

field_premier1516-36-swn-liv

試合内容

スウォンジー・シティのフォーメーションは4-2-3-1。後ろからファビアンスキ、ランヘル、アマト、ウィリアムズ、テイラー、ブリトン、コーク、ラウトリッジ、シグルズソン、モンテーロ、アンドレ・アイェウ。控えはノルフェルト、キ・ソンヨン、カイル・ノートン、フルトン、フェルナンデス、ゴミス、バロウ。

対するリバプールのフォーメーションは4-4-1-1。後ろからウォード、クライン、ロブレン、シュクルテル、ブラッド・スミス、オジョ、チリベジャ、スチュワート、アイブ、コウチーニョ、スターリッジ。控えはミニョレ、ララーナ、ルーカス、テイシェイラ、ブラナガン、ベンテケ。

リバプールはヨーロッパリーグの準決勝第2試合が近いので大幅に選手を入れ替えてきた。中盤に若手を起用。チリベジャって選手は初めて見ました。
もう少しうまくやってくれると思ったのだろうけど、クロップの予想以上に機能しなかった。

21分、スウォンジーのコーナーキック。シグルズソンの蹴ったボールにアイェウが頭で合わせて先制点獲得。

32分、ジャック・コークがドリブルで持ちこみ、ペナルティエリア手前から狙いすまして放ったシュートはゴール右隅に決まり2点目獲得。

チリベジャがボールをキープすると決まって激しいプレスをかけられていました。完全に狙われてた。

後半、チリベジャとルーカス、コウチーニョとベンテケを交代。

65分、リバプールはベンテケのゴールで1点返すが、67分、アイェウの3点目を奪われ、ブラッド・スミスも2枚目のイエローカードをもらい退場し、終わりました。

ルーカスが入って安定したものの、ルーカスのボールロストから3点目を奪われたので、なんとも言えない、、、

スウォンジーはこの勝利で降格はなくなりました。試合に対するモチベーションの違いと選手の実力差がはっきりと出た試合だった。

次節、スウォンジーはウェストハムと、リバプールはワトフォードと対戦です。

試合結果

スウォンジー・シティ 3-1 リバプール
20′ アイェウ
33′ コーク
67’ アイェウ
  65′ ベンテケ

スポンサーリンク

 - サッカー