WordPress 3.6にアップグレードしたら管理画面にはいれなくなったぞ

      2014/06/06

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

2013年8月3日にWordPress3.6(日本語対応)がリリースされました。
さっそくアップグレードしてみたわけなんですが、、、

データベースの更新をしてください
とメッセージが表示されました。

ほう。ということなので更新ボタンをクリック。

すると

更新の必要はありません
に表示が変わりました。

で、続くボタンをクリック。

するとなぜかサイトのトップページへ遷移されちゃうのです。

ログイン画面のURLを入力してもまた、サイトトップへ導かれてしまうのです。

管理画面に入れないじゃないか!!これは困った。むむむ。。。

原因はキャッシュ系のプラグインでした

調べてみるとどうやらキャッシュ系のプラグインが悪さをしている模様。

キャッシュ系のプラグインは「WP file cache」 と 「DB Cache Reloaded Fix」を使ってるんですが、これ両方とも悪さをしてました。

で、どうやってなおすのかというと

ファイルを削除すれば復旧できます!

以下の3つを削除すれば戻ります。

wp-content/db.php
wp-content/plugins/db-cache-reloaded-fix/cache
wp-content/plugins/wp-file-cache/cache

FTPから削除しましょう。

そうすると管理画面に入れるようになります。

これでひと安心。

プラグインのページに行くと、なにやらアラートが表示されています。

DB Cache Reloaded エラー:DBモジュール(wpdb クラス)はロードされませんでした。オプションページでキャッシュを無効にし(忘れず設定を保存してください)、再び有効にしてみてください。

との事。

指示通り、DB Cache Reloaded Fixの設定ページに移動して、有効のチェックを一度外して更新、再び有効にチェックをいれて更新。これで完了です。

事前に対処できないのか?

出来ます。アップグレードする前に、一度プラグインを停止して、ファイルを削除してからアップグレードを行いましょう。

そうすれば、エラーが起きないと思います。
あーなおってよかった、、、汗

それぞれWordPressの設定は違います。「WP file cache」 と 「DB Cache Reloaded Fix」のみを使ってる場合はこれでなおると思いますが、その他の設定をしている方は、また違うエラーがでる可能性もあるので自己責任でお願いします。

他にもキャッシュ系のプラグインを導入しているのなら、全て調べた方がいいと思います。

スポンサーリンク

 - WordPress